ウェブマスターがウェブのことを書いたら

ウェブマスターとして働いている管理人がウェブで躓いたこと、ググったことを備忘録として書いています。主に技術的なこと、WEBサイト設計のこと

コンテンツマーケティング始めるにもWPのテンプレートは賢威を使っておけば間違いない

   

 - WordPress

コンテンツマーケティングを始める際に、ワードプレスでサイトを構築することが多くなっていますが、そのときにテンプレートは何を使えばいいの?という相談がよくあります。

WPのテンプレは本当に色々あって多種多様ですが、いざサイト構築するにあたってどれをベースにカスタマイズすればいいのか悩むということだと思います。

私も今まで業務でコンテンツマーケティングするためのサイトをいくつも作成してきましたが、その際に使っているのは人気テンプレートの「賢威」です。ですので、ほかに常時使っているテンプレがない場合などは賢威が無難ですよとお伝えしています。

ではなぜ賢威を使うのかについてまとめてみたいと思います。

コンテンツマーケティングはSEOが重要

まず前提ですが、コンテンツマーケティングするためにサイト構築するうえで一番重要なのがSEOです。そのなかでもサイト構築における「サイト作り」がかなり重要です。

SEOをあまり重要視しないでサイト制作を行っている仕事が多い方の場合は、この点が明確に何が必要でどうなっているべきかというのが押えられていない場合が多いと思います。

それを理解できていればどのテンプレートでもカスタマイズしていって、必要な要件を満たせたサイト構築ができると思いますが、それを理解していたとしても初めからその点を網羅しているテンプレを使用する方が楽にサイト制作できると思います。

賢威はそういった要素を網羅してくれているテンプレです。逆に多くのテンプレートがそういったSEOで最低限必要な要件を組み込んでいないものが多いです。(SEO向けのもの以外はほぼ内部カスタマイズが要ります。)

選びたい要件は、SEO的な最低限満たして置かないといけない要件を網羅できているテンプレートを使う。ということが重要です。

業務で制作している方などは、特段指定がない場合は、いつも決まったテンプレートでカスタマイズしてサイトを構築していると思いますが、コンテンツマーケティング目的のサイト構築の場合、SEOは最低限満たさないといけない要件なので、SEOを網羅できるテンプレートで作っていった方が無難です。

そうでないテンプレートにSEO的な要件を追加してカスタマイズしていく方が経験上、大変です。

テンプレートはカスタマイズ情報が多いものが無難

もちろんほかにもそういった要件を満たしているテンプレートも多くはあると思いますが、なぜ賢威なのかというところですが、WPをカスタマイズしていく上で、phpの知識やWPの設定についてもある程度理解しておかなければなりません。

分からないことがあった場合などネット上で調べたときに情報量が多いテンプレートの方がサイト構築もしやすいです。完全にWPやphpについて理解しているという人は問題ないと思いますが、業務などで使用する場合は、関わるメンバーも多いため、ネット上に情報が多いものの方が無難です。

賢威は独自のフォーラムもあり、直接質問して問題解決もできますし業務で使用する際でもリスクは小さくなります。

自分が直接コーディングしないディレクターさんなどがこの記事を見てくださっている場合(要件を決定する立場)には、コーダーさんにこのテンプレートでやってください。とした方がいいです。

コーダーさんやマークアップエンジニアの方でコンテンツマーケティングをしっかり理解しているレベルの人は、私見ですがかなり少ないです。コーディングすることと、SEOを理解したコーディングができることは違うスキルだと思いますので、ある一定レベルのエンジニアさんの場合ですと、この賢威をカスタマイズしてサイトを作ってくだいさい。とオーダーすれば問題なくカスタマイズできると思います。

有料という点も重要

賢威は無料テンプレートではなく、有料テンプレート(24,800円)です。業務で使用する場合にも問題なく使えるレベルのものです。逆に業務では無料テンプレートは避ける傾向にあると思います。サポートもしっかり行っていただけるのも重要です。

クライアントワークで使用する場合には、別途ライセンス契約が必要で1クライアントあたり15,120円が追加で必要です。(詳しくは利用規約を確認してください)

自社で運営するサイトを複数構築していく場合では、1つ購入しておけば使いまわすことが可能ですので企業ユーザーとして利用するには、かなり安いと思います。

費用面が安いことや、上記のような理由から、個人ユーザーやアフィリエイターにも人気で多くサイトで利用されています。個人でも購入しやすい価格だと思います。

企業ユーザーからすると逆にこの金額は安すぎではないかと思われるかもしれませんが、この賢威は破格に安いだけでクオリティ的に全然問題ありません。上記で記載したようにWPのSEOテンプレートではトップクラスですので心配ないです。

具体的にどんなとこが重要?

ではSEOで最低限満たして置かないといけない要件というにはどんなところというところですが、これは相談してきた人にもよく聞かれます。

実際にはいつも使っているテンプレートを修正して対応したいというところだ思うのですが、これが結構テンプレートによっては修正箇所が多いです。

例えば、
・ページごとにtitle、description、ogpのmeta要素の変更
・ページごとにcanonicalの指定
・ページごとにhタグの指定
・ページングページの構成
・カテゴリページのタイトル変更
・カテゴリページの文章追加

など重要な要素が満たせていないことがあります。そのほかにもSEO的な最低限必要な要件は結構細かく多くあります。

Googleのウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)の内容が全然分からないという人の場合は、押えておかないといけないポイントが理解できていない状態だと思いますので、それを網羅しているテンプレートを使用する方がいいと思います。

ここで記載した内容はあくまでもコンテンツマーケティングする上で最低限必要なSEO要素を満たせているという点です。ここを満たせていないとコンテンツマーケティングで結果を残すのには、足りないものがある状態でサイト運営をスタートすることになりますので、時間や費用面でもったいないことになると思います。おすすめです。

大ロングセラーSEOテンプレート【賢威】

お名前.comのレンタルサーバーを借りる場合は「賢威パッケージプラン」というのがあります。少し安くなります。
お名前.comレンタルサーバーの「賢威パッケージ」プラン

「この記事が参考になった」場合はクリックをお願いします。