ウェブマスターがウェブのことを書いたら

ウェブマスターとして働いている管理人がウェブで躓いたこと、ググったことを備忘録として書いています。主に技術的なこと、WEBサイト設計のこと

ウェブマスターツールを使用してサイトのページ、ディレクトリを誤って削除申請した場合の復活方法

      2016/01/19

 - サーチコンソール

ウェブマスターツールを使用してサイトのページ、ディレクトリを誤って削除申請した場合の復活方法についての備忘録。

サイト内で非公開にしたディレクトリ(ページ)があったのですが、非公開を取り止め、再度ページの公開となり、404の解除、サイトマップの送信を行いました。
ですが、一度ウェブマスターツールの「最適化」-「URLの削除」で削除申請してしまっているので、「Fetch as Google」でインデックスのリクエスト申請を行なっても一向にインデックスされませんでした。

Googleへ直接再審査申請をしないと思いぐぐってみました。

結果、Googleのヘルプに書かれていました。

このツールを使用して削除されたコンテンツは、最低でも 90 日間は Google のインデックスから除外されます。URL 削除リクエスト ツールを使用すると、この 90 日という期間中はいつでもコンテンツを再登録できます。

googleにインデックスされるまでの手順

左側のメニューで [最適化]、[URL の削除] の順にクリックします。
右上のコンテンツタブで[削除済み]を選択します。
検索結果へのコンテンツの再登録

Google のインデックスに再登録するコンテンツの横にある [再登録] をクリックします。
URL再登録

削除リクエストをキャンセルしました。
と表示されれば完了です。

6人の方が、「この記事が参考になった」と評価しています。