ウェブマスターがウェブのことを書いたら

ウェブマスターとして働いている管理人がウェブで躓いたこと、ググったことを備忘録として書いています。主に技術的なこと、WEBサイト設計のこと

wpXレンタルサーバーを申し込む前に確認しておきたい比較と評判

   

 - レンタルサーバー

エックスサーバーの別サービス、WordPress専用サーバーの「wpXレンタルサーバー」を申し込む前に確認しておきたいことをまとめます。エックスサーバーはぐ複数のレンタルサーバーサービスを扱っていて「エックスサーバー」「シックスコア」「wpX」と3つあります。

その中でもwpXレンタルサーバーはWordPress専用のレンタルサーバーとして新しく誕生しています。

wpXレンタルサーバーの特徴

このレンタルサーバーの特徴はWordPressに特化したシステム構造で、大量のアクセスがあった場合でも高速、安定稼働できるとされています。システム内部では高速稼働させるための様々な技術を導入しています。
エックスサーバー社長のブログによると、一番の違いは

リバースプロキシという仕組みを利用したキャッシング機能で、通常レンタルサーバーでは困難な高速性・高負荷耐性を実現しています。

とのことです。

要するにリバースプロキシという仕組みにより負荷分散でき高速化が図れるということです。リバースプロキシについてはこちらの記事が詳しいです。
リバースプロキシ (reverse proxy)とは

WordPress以外は使えない

一番重要な確認ポイントはWordPress以外は使えないというところです。完全にWordPress専用サーバーの為、WordPress以外使えません。WordPress以外にHTMLで静的なサイトを運用することはできません。

ですので、HTMLで静的なサイトを別に運用したい場合は、サーバー容量に空きがあってもwpXレンタルサーバーとは別にサーバーを借りる必要があります。

WordPressの設置は10件まで複数設置可能です。

エックスサーバーとの比較

同じエックスサーバーのX10のプランとの比較をしてみます。

機能・要件 Xサーバー
X10プラン
wpXレンタルサーバー
初期費用(税込) 3,240円 5,400円
月額費用(税込/12ヶ月契約の場合) 1,080円 1,080円
容量 200GB 30GB
WordPress 利用可 利用可
データベース(MySQL) 50個(500MB) 10個(500MB)
マルチドメイン 無制限 10個
メールアドレス 無制限 無制限
独自SSL 対応 対応
転送量の目安 70GB/日 50GB/日

そのほか、mod_rewrite、.htaccess、SSH、mod_pagespeedの利用はともに可。以前はrobots.txtの編集ができなかったようですが現在は可能です。MySQLデータベースのバックアップも問題なくできます。

エックスサーバーのX10プランと比較すると、月額費用は同じとなっていますが、初期費用、サーバー容量ほかスペックがX10を下回る点が多いです。

wpXレンタルサーバーはWPに高速安定稼働に特化したサーバー

上記比較を見ていただければ分かると思いますが、wpXレンタルサーバーはエックスサーバーの同価格プランと比較するとスペックを下回ります。これはwpXレンタルサーバーがWordPressに特化して、高速安定稼働を目的としたレンタルサーバーであるためです。

WordPressのみを運用する目的で、尚且つ同価格帯のプランで高速安定稼働させたい場合に選択するサーバーと言えます。実際にWordPressでサイトを運用している場合の懸念点はサーバーの高負荷になります。

ECサイトやアフィリエイトサイトなど売り上げに直結するサイトの場合、表示速度が遅くなることで売り上げに影響がでてきます。またSEOの観点から見て見もページの表示速度の高速化は重要です。

この点を重要視する場合は、十分に要件を満たすレンタルサーバーだと思います。

wpXレンタルサーバーを申し込む場合はこちらから
WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』

そこまでの高速安定稼働を求めない場合は

まだまだそこまでの高速安定稼働を求めない場合、またはWordPress以外のサイト運用もしたい場合は通常のエックスサーバーのX10プランをおすすめします。

私もエックスサーバーは利用していますが、wpXレンタルサーバーのディスク容量30Gと比べると、200Gとだいぶん大きく、MySQLも50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。転送量も70GB/日と大きく他社のレンタルサーバーと比較しても高スペックと安定稼働の評判は高いです。

アクセス数の多いサイト、商用利用サイト、複数のWordPressサイト運営にも十分対応できます。

wpXレンタルサーバーは特定ニーズにマッチしたレンタルサーバーであるので、申込みを考えている方はその点を考慮して検討してはいかがでしょうか。

エックスサーバーを申し込む場合はこちらから
エックスサーバー

「この記事が参考になった」場合はクリックをお願いします。