ウェブマスターがウェブのことを書いたら

ウェブマスターとして働いている管理人がウェブで躓いたこと、ググったことを備忘録として書いています。主に技術的なこと、WEBサイト設計のこと

Googleにのみ有効なmeta name=”googlebot”インデックスさせたいとき、させたくないとき

   

 - HTML CSS

Googleにのみ有効なメタタグ設定meta name=”googlebot”のまとめです。メタタグでを指定することでGoogleにのみ有効なクロールとインデックス登録の処理を制御することができます。googlebot以外には無効です。

何も設定しない場合の既定値は「index, follow」で特に指定する必要はありません。Googleでは以下の値をサポートしています。複数の値を指定する場合はカンマで区切って指定します。

<meta name="googlebot" content="noindex" />

ページをインデックスに登録しないようにします

<meta name="googlebot" content="nofollow" />

Googlebotがページのリンクを追跡しないようにします

<meta name="googlebot" content="nosnippet" />

検索結果にスニペットを表示しないようにします

<meta name="googlebot" content="noodp" />

ODP/DMOZの代替説明を使用しないようにします

<meta name="googlebot" content="noarchive" />

Googleでページのキャッシュ リンクを表示しないようにします

<meta name="googlebot" content="noimageindex" />

Googleの検索結果に表示される画像の参照元ページとしてページを表示しないようにします

<meta name="googlebot" content="none" />

noindex, nofollow を指定した場合と同じです

<meta name="googlebot" content="unavailable_after: 01-Jul-2015 00:00:00 JST" />

ページのクロールとインデックス登録を中止する正確な日時を指定します

unavailable_afterタグの書き方

unavailable_afterタグを設定すると、指定した時間以降、Googleの検索結果にページを表示させないようすることができます。

content=”unavailable_after: 01-Jul-2015 00:00:00 JST”と指定した場合、
2015年6月1日の00:00:00以降に検索結果からインデックスが消えます。

実際に設定してみましたが、きっちりとその時間に消えることはないです。だいたいそのあたりという感じでしょうか。指定した時間の次の日には消えていました。あくまでも参考にするという意味合いくらいでしょうか。

今すぐにインデックス削除したという場合は、サーチコンソールでページの削除をする方が早いです。
0001

参考ページ

Google がサポートしているメタタグ – Search Console ヘルプ

「この記事が参考になった」場合はクリックをお願いします。